ブログ

よく聞くゲリラ豪雨とは?

「ゲリラ豪雨」という言葉をここ数年でよく聞くようになったのでは?

「ゲリラ豪雨」とは・・・

予測困難な突発的で局地的な豪雨を指す俗語。

 

 

発生頻度が高くなるのは真夏の前後の季節の変わり目や台風接近時らしいです・・・

真夏の暖かく湿った空気と初夏や初秋の少しひんやりした空気の

ぶつかり合いや、台風が持ち込む熱帯の空気によって

積乱雲が急発達しやすいからだそうです。

 

積乱雲がかなとこ雲になったら発達が力強く続いていることを示しているので

その下の雨風も強い傾向にあるそうです。

(違う時もあるそうです・・・難しいですね・・・)

もちろん、雷雲にも注意です!

 

ゲリラ豪雨をもたらす雨雲は急速に発達するため、

予測が難しいそうです。

あやしい・・・と思ったら、すぐに非難するのがよいようです。