ブログ

身近な癒し空間

家に帰るとほっとする方が大半だと思います。

すてきな旅館やホテルよりも落ちつくのでは?

 

普段の環境作りは大切です。

癒しの空間でストレスが発散されると

目の癒しや眼精疲労にも良いとされます。

綺麗に片付いていることで、視力への負担も軽減。

逆に、散らかり放題の部屋だと

視覚情報を処理するために脳は常にフル回転の状態になり

癒しどころではないそうです。

 

癒しの空間を作るコツは部屋のコンセプトを決め

色や小物素材に統一感を持たせることで一つの世界観が出来あがり、

それだけでも落ち着くそうですよ。

 

夜間の照明は目線より下にある低いフロアライトで過ごすと

目も心も癒されるようです。

少しの工夫で癒し感が出ますので

ぜひ、お試しあれ