ブログ

意外にすごい食材!?大根パワーの秘密

大根は水分がたっぷりで栄養価が低いイメージはないでしょうか?
実は栄養価が高い食材なのです。

アミラーゼ
プロテアーゼ
リパーゼなど消化酵素が含まれており
胃腸の働きを良くしてくれる効果があります。

でも、酵素は48から58℃で壊れてしまいます。
生で食べるのがよいです。
今の時期、おでん、ブリ大根がおいしいですが
健康のためには「生」がよいそうです。

焼き魚、揚げ物に大根おろしが添えられていますが
酵素の働きで消化を促す効果があるのです。
さっぱり食べられますしね

 

大根をすりおろした時にでる辛み成分「イソチオシアネート」。
こちらは消化液の分泌を促進し、血中にある脂肪の代謝を高めてくれるそうです。

大根の皮にはビタミンCが果肉部分のなんと2倍も含まれているそうです。
すりおろす時は皮ごとおろしましょう。

お刺身のつまも何となく食べていましたが、
消化に良かったのですね。

チョット知っているとお得な感じがしますね。