ブログ

コンタクトレンズの使用者の低年齢化!目立つ装着トラブル!

コンタクトレンズの使用者低年齢化にともない
目のトラブルをうったえる児童が増えているそうです。

主のものはレンズの適切なケアを守らないためだそうです。
重症になると「角膜潰瘍」を起こす例もあるそうで
汚れたレンズが原因で角膜が細菌感染し、
視力低下や失明の危険性もあるそうです。

小学生はレンズの管理が難しいとして目的がスポーツであったり
極度の近視など事情がない限り処方しないという眼科さんもあるようです。

?大人の方でもコンタクトレンズをしたまま眠ってしまったり
2週間の使い捨てタイプのものを1カ月以上使うなど
使用方法を守らない方がいるそうです。

一生使う目です。
大切な目です。
大人もお子さんも使うのであれば正しく使い
目のトラブルは避けましょう