ブログ

秋に気をつけたい気管支喘息

秋に気をつけたいのは気管支喘息。
気温の変化や空気の乾燥することが原因で発作が起こりやすいそうです。

気管支のまわりにある平滑筋がけいれんを起こし、収縮します。
また、気管支炎の粘膜は水を含むように腫れ、その粘膜からの分泌物が増え
気管支の中を空気が通る道は狭い状態になっていて、気管支の中の空気がとおるため
ぜーぜーという音が聞こえるのです。

 

温度差が激しいこの季節、注意しましょう。