ブログ

リンゴの隠れた効果

リンゴのおいしい季節ですね。

「一日一個のりんごは医者を遠ざける」といわれるりんご。
どうして健康に良いのでしょうか?

有機酸
クエン酸、リンゴ酸といった有機酸を多く含んでおり、
胃腸の働きを良くし、殺菌作用などの効果もあります。

カリウム
体内の塩分を排出する働きがあるそうで、
高血圧に効果があるといわれています。

ペクチンの働き
リンゴの皮にはペクチンが多く含まれており、
整腸作用を促しコレステロールを排出する作用があるそうです。

皮にポリフェノール
ポリフェノールはコレステロールを取り除いたり、
活性酸素を抑える働きがあります。

 

まだまだリンゴの効果はあるのです。
食事にバランス良く取り入れていきましょう