ブログ

トランス脂肪酸とは?

トランス脂肪酸は血中善玉コレステロールを減らし、悪玉コレステロールを増やす特性があるとされ 過剰に摂取すると動脈硬化、心臓疾患などのリスクを高めるという報告もあるようです。 世界的にトランス脂肪酸の規制が広がっています。 トランス脂肪酸による健康への悪影響をしめす研究の多くは欧米人を対象したものなので 日本人も同じ影響が出るかどうかはわからないそうです。 トランス脂肪酸は主にマーガリンやショートニングに含まれ、これらを原料として製造される食品・加工品も含まれます。   農林水産省は 油脂の加工で出来るトランス脂肪酸と天然にあるトランス脂肪酸では健康に及ぼす影響に違いがあるのかどうか、またたくさんの種類があるトランス脂肪酸の中でどのトランス脂肪酸が悪影響を及ぼすかについては十分な証拠がありません。 としています。 わからないことだらけは心配ですね。 日本ではトランス脂肪酸の表示義務がないため、マーガリン、ショートニングと記載があるものは なるべく避けたほうが良いかもしれませんね。