ブログ

肌が黒くなる人、赤くなる人の違いは?

暑い日が続きますね。 日に当たると肌が黒くなる人と赤くなる人といますよね。 どんな違いがあるのでしょうか? 肌を赤くするのは紫外線B波(UV-B) UV-Bは波長の短い紫外線で、やけどしたように肌を赤くさせたり、ヒリヒリした痛みを起こします。色白の人に起こりやすいようです。   肌を黒くする日焼け紫外線A波(UV-A) 波長が長くUV-Bほど肌に対するダメージはないといわれています。が、肌の奥まで到達し、将来的にしわやシミをつくる原因と考えられています。 日に当たってすぐに黒くなるのは肌の中のメラニン色素が酸化したことによるものが多いようです。数日たってから黒くなるのはメラニン色素が新たにつくられることによるものだと考えられています。 肌を保護するメラニン色素を作りにくい色白で赤くなりやすい肌の人は、より一層日焼けに注意が必要ですね。 fac4f0100828793b66c3e90980070867_s