ブログ

【必見】生活習慣の基礎を見直しましょう。

本日のテーマは、生活習慣です。

私たちが、健康で快適に過ごすためには、バランスのとれた食事と摂取カロリーに見合った適度な運動、そして休息・休養です。

これは、眼についても同じです。

眼にも栄養のいきわたる食生活を送り、目も近くばかりに視点を合わせる生活環境から、目を遠くの視点に合わせるなど上下左右や遠近を生活の中で目を動かすこと、そして休めることをしなくては、負担のかかっているところへ違和が生じてしまいます。

ところで、世界一視力の良い人はいくつの視力でどんな生活をしているのか探してみました。

そしたら、過去に日本のテレビ局が実験したとする記事がありました。

それは、マサイ族。

平均視力6.0~7.0で、最高視力10.0を超えるとか。

驚きですね。

マサイ族は、昔から牧畜を糧としてきた民族で広い牧草で家畜を放し遠く離れたところにいてもその動きを把握していたとされています。

現代の日本では、なにかと便利になり手元の動作で事足りる場面も増えていますよね。

遠くを見る習慣も減っているので、自らそういった時間をとって目に良いことは取り入れていきたいですね。

今日も、健康で快適な一日でありますように。