ブログ

ルナージュ創業の念い

ルナージュの創業のきっかけは、創業者である現在の代表が二十代のときに突発性の病を発症し、大学病院で三度に渡り手術を行いましたが、片目の視力を失ってしまったことから始まります。

入院中、自問自答を何度も繰り返し、自身を責め生きていくことへの疑問を抱いた時期もあったそうです。

しかし、もう一度、人生の原点に立ち「自身の限界に挑戦し新しい自分を取り戻す決断を本気ですることでしか何も始まらない・・」という気持ちが芽生え現在に至っています。

そして、「不可能の向こうに可能があり、あきらめず乗り越えたその先に成功がある」を信じて1993年に視力回復センタールナージュが始まったと。

創業に至り、耳介療法や心理療法、ホメオパシーや色彩心理学などを研究融合し、開発されたのが、ルナージュ独自の回復法なんです。

これまでになかった新たな回復法として、現在は中部地区で視力回復センターを展開しています。

1995年には法人化したのちに掲げた「最高の報酬は感動と感謝」は、私共のスローガンでもあり創業の念いなのです。

今後とも、視力回復センタールナージュ スタッフ共々、創業の念いを根幹に邁進していきますので、どうぞ宜しくお願いします。