ブログ

【注目】早期発見・早期対応で視力低下を防ぎましょう。

私たちには、5つの感覚(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)、つまり五感が備わっています。

これらの五感を介して脳に情報伝達をしています。

文献によると、人間は環境や社会などの様々な情報を得る場合、視覚から80%、聴覚から20%の割合とされ、「”百聞は一見にしかず”という格言などと結びついて、人間にとって聴覚よりも視覚のほうが重要である」と定説されていることも多いくらい目は大切な機能なんです。

特に、成長期のお子様たちは、視力が変化しやすい時期ですので様子観察は保護者様の目で、ぜひ行っていただきたいものです。

また、数年同じ眼鏡を使用し続けてしる方は、定期的に視力チェックを行い、目の状態を把握することをおすすめします。

今日も、いろいろ情報をキャッチして楽しい一日を過ごしましょうね。