ブログ

【注目】健康な目を保つにはトレーニングとその後のケアが大事。

今回のテーマは、視力回復トレーニングとその後のケアについてです。

まず、「目の仕組みについて」ですが、よくカメラのレンズで例えられますが、目のレンズの役割を示す水晶体は、毛様体筋によって水晶体の厚さを変え網膜に移る色や形や大きさ等の像のピントを合わせています。

そして、遠くを見るときは、毛様体筋が緩まり水晶体を薄くすることでピントを合わせ見えています。

反対に、近くを見るときは、毛様体筋が収縮し水晶体を厚くしピントを合わせ見えています。

視力低下の要因の一つには、このように水晶体の厚さを変えるピント調節がきちんとできないことがあります。

近年では、近くを見ることが多い環境になっているのと、昔以上に視力を動かす視野も狭まっている傾向があります。

身体でいうと、柔軟体操をしていない人が身体か硬いと言われるように、ご相談に来店される方の視力も上下左右の動きをみると動くスピードや動き方など、とても速やかとはいえるものではありません。

ここで、ルナージュがオススメするのは、普段の生活の中で上下左右の目の体操をして毛様体筋の柔軟にすることや、日頃の凝り固まった筋肉の緊張をほぐすことをオススメします。

視力のことでお悩みを抱えていらっしゃる方は、ぜひルナージュまでお気軽にご相談くださいね。

今日も一日、健康第一で過ごしましょうね。