ブログ

【注目】しいたけを食べて便秘解消・健康管理の心がけ!

本日の主役は、しいたけです。

しいたけは主に、ビタミンD、ナイアシン、パントテン酸、カリウムの他に不溶性食物繊維を多く含んでいます。

不溶性食物繊維の特徴としては、胃や腸の中で水分を吸収し、腸の働きを活発にさせ、それにより便秘予防や改善に期待できるとされています。

さらに、不溶性食物繊維は、ダイオキシンや水銀など体に有害な物質を吸着し排便する役割もあります。

旬のしいたけは肉厚で、素焼きにすると、しいたけの風味が感じられるし食べごたえもありますね。

私は、素焼きにしたしいたけにレモン汁を絞り塩で食したり、しょうが醤油で食すのが好きです。

お子さんには、しいたけの肉詰めをフライにするのも喜ばれるかもです。

そういえば、ゴールデンウィークが明け、日常の習慣に戻られた方は多いと思いますが、リラックスモードからの切り替えは必須ですね。

視力低下は、不健康・不摂生・生活習慣の乱れなどが低下要因の一部とも言え、だからこそ、健康管理は自ら意識して正すことが健康維持の秘訣でもあり、心のコントロールも大事です。

すぐれない天候が続いていますが、日常の健康管理に気を付けて今日も一日有意義な時間をお過ごしください。