ブログ

心因性の視力障害

視力低下とストレスによる心理的な影響は大きく、まだまだ知られていないことが現状です。

ストレスが原因で自律神経のバランスが悪くなり視力障害がおこるタイプとストレスを身体の一部に転換してしまうタイプと2つあるようです。

心因性の視力障害の特徴は視力測定のたびに視力が違う、メガネやコンタクトレンズを付けても視力がでない、度のないメガネをかけるとよく見えるなどがあります。

小中学生に多いようで、眼球には異常がなく心理的なストレスが原因と考えられています。

ストレスの原因はさまざまで
学校(入学・転校・クラス替え・友人関係など)、家庭(不仲・習い事の負担、親の過干渉など)が考えられています。

ストレスの原因の取り除くことが大切なので長期的に見ていったほうが良いようです。過敏になりすぎてもいけませんが、注意が必要なのです。周りの方のお力が必要ですので温かく見守っていくことも必要です。