視力回復・疲れ目解消・メンタルヘルスケアのことなら…
視力回復センター ルナージュ
名古屋市名東区 安城市 豊田市 春日井市

精神的なストレスや緊張が
続いていませんか?

対人関係の悩みや学校・職場・過程での悩みなど
大人は大人、子供は子供なりの悩みがあり、
そのストレスが原因となって
自律神経のはたらきに影響を与え、
視力低下や眼精疲労や肩こり等
さまざまな相談が増えています。

ストレスの怖さと回復法

ストレスと視力は、一見関係がなさそうですが、
実は深い関係性があるのです。

目と脳が連携して見えるしくみ

目は脳と連動しており自律神経によってその機能を果たしています。そのため自律神経に異常をきたすと目の機能も同様に低下するのです。自律神経はストレスに影響されやすいので結果的に視力低下を招きます。肉体的ストレス、精神的ストレスどちらも悪影響が出るので要注意です。

自律神経が低下している状態

イライラや睡眠不足、視力低下や眼精疲労、集中力低下など、自覚している現象以外にも無意識にかかっているストレスがあります。

↓↓↓

自律神経が整っている状態

ストレス解消することで視力向上、集中力向上、学力向上、モチベーションアップにもつながります。

視力低下の3大要素とは

ストレスは万病のもと
(精神的要因)

目と脳は連動しており、自律神経によって目で見た情報を認識します。精神的・心理的な要因によって自律神経に異常をきたすと「見える力」の機能が低下する恐れにつながります。

目に過度な負担はリスク大!
(直接的要因)

近くのモノを見るときに目は緊張状態になります。パソコン・スマホ・ゲームなどは、近距離で長時間見続ける傾向にあるため、目の周りの筋肉疲労を起こしやすくなります。

生活習慣の乱れは要注意!
(間接的要因)

姿勢が悪いとモノを見る距離が近くなり、光のコントラストの差が激しくなると目が疲れやすくなります。

お悩み改善のメリット

他にも…
自身の個性を知り理解することで
ストレス緩和へと導くことができます!!
  1. 潜在的ストレスを感じる心の内や心理状態がわかります。
  2. パーソナル分析によって、自分や相手の活かし方がわかります。
  3. 身近な方とのより良い関係性づくりや伝え方等をアドバイスいたします。

このような方におススメ!

お客様の声

パーソナル分析のお申込

お名前
例: 山田 太郎
メールアドレス
例: info@lunage-eye.jp
電話番号
例: 0120155499
ご希望時間帯
例: 6月10日PM4:00-PM5:00 平日午後3時
ご希望店舗
初回は未成年の方のみの受付は控えさせていただいております。