目の疲れ・眼精疲労に悩んだらルナージュ
名古屋市名東区 安城市 豊田市 春日井市

お申し込みはコチラ

眼球に直接触ったり、レーシックなどのような手術を行ったりはいたしません。安全性に優れているため、小さなお子様やご年配の方でも安心して受けていただけます。

ルナージュのプログラムでは目の周りと耳へのツボ刺激を行い、蓄積された筋肉疲労を改善し、本来持っている調節能力を取り戻します。 また目の周りにある筋肉のストレッチ運動を行うことで血行を促進し、疲れを溜めにくい目をつくります。

回復の仕方には個人差があります。 ルナージュでは、目のピントを合わせるための筋肉『毛様体筋』を鍛えることで視力を取り戻します。初回の体験時に『毛様体筋』の影響を補正した視力を計測して、「どのくらい回復するのか」を測定します。

ルナージュでは、初回にピンホールアイマスクという目の前に小さな穴の開いたアイマスクを使用して視力を測定します。

本来、目は、光が水晶体(目の中のレンズの役割となっているところ)を通過するときに、屈折という過程をへて網膜に焦点を結んでいます。しかし、近視や遠視などの場合、水晶体で光を集約するための毛様体筋がうまくはたらかず、網膜の前後で焦点を結ぼうとするので、ぼやけた像になってしまいます。

ピンホールアイマスクを使用すると、光は1本のスジとして水晶体の真ん中を通るため、水晶体で光を集約する必要がなくなります。つまり、毛様体筋でピントを合わせる必要がないので、蓄積された筋肉疲労の影響なく、本来持っている自分自身の見えるチカラがわかります。この本来の視力を取り戻すために、毛様体筋のはたらきを正常化させるのがルナージュのプログラムです。

目や首まわりとあたためることにより、血行を促進させながら、目の周りと耳へのツボへの刺激を行うことで蓄積された疲労を緩和します。

眼精疲労の程度によりますが、1週間に1回から2週間に1回が目安となります。 また、目のストレッチ運動を行うことでも血行を促進させ、眼精疲労を軽減させます。

※お客様の状況や希望で来店ペースや疲労緩和の程度には個人差があります。

お申し込みはコチラ

ルナージュは目の周りと耳のツボを刺激することで筋肉の疲れを取り、視力を回復させます。

視力低下の原因は筋肉の連続緊張、つまり凝りです。ピントを合わせる調節機能を担うのがこの筋肉なのですが、連続緊張を起こすことでピントの調節能力が低下していまいます。そのため、視力の低下が起こります。

ルナージュでは、目の周り・耳のツボを刺激することにより、この筋肉の連続緊張を和らげ血行促進により疲労を取り除きます。

眼精疲労の要因の一つとして、筋肉の連続緊張があります。その緊張を取り除くことにより、筋肉がほぐれ疲れが緩和されます。

ルナージュには小学校低学年のお子様も多く通って頂いていますので問題なく施行を受けて頂くことが可能です。 現在、5歳から80歳代の幅広い年齢の方が通われています。

効果の出方には個人差があり、通っていただく回数も変わってきます。
その分利用料金にも差がでてきますので、初回にお見積りさせていただきます。

その他の方のコメント
初回体験&カウンセリングのお申し込みはコチラから

お名前
例: 山田 太郎
メールアドレス
例: info@lunage-eye.jp
電話番号
例: 0120155499
ご希望時間帯
例: 6月10日PM4:00-PM5:00 平日午後3時
ご希望店舗
初回は未成年の方のみの受付は控えさせていただいております。