豆知識:キラリと光る猫の目のお話し

夜道でキラリと光る猫の目に驚いたことはありませんか?

実は、猫の目には、網膜の奥にタペタム(輝板)という反射板がついていると言われています。

網膜の視神経を刺激し、入ってきた光りを反射させ僅かな光を2倍にして暗いところでも鮮明に見えるようになっているのです。

そして、猫の目は、人間の目に比べ7分の1の光で十分と言われており、視力は0.1~0.2程なんだとか。。。

 

昔から、コンタクトレンズがあったわけではないですよね。

そのまた昔は、メガネをかけることが当たり前ではなかった時代もあるんですよね。

 

少し余談ですが、

文部科学省が報告している平成30年度の学校保健統計調査と言うものがあります。

これは、幼稚園児から高校生までを対象とした調査です。

この結果が本当に残念でなりません。

裸眼視力1.0未満の子どもは、小学生や高校生が過去最高という結果だったのです。

便利なアイテムが普及している世の中である一方、例えばスマホ依存症の人たちが減らないという時代です。

目は一生を共にするものですので大切にしてほしいですね。