ブログ

スマホ老眼

一般的な老眼は、加齢によって眼のレンズにあたる水晶体の弾力がなくなるため、
物を見るときにピントが合わせにくくなるのが主な原因です。

だいたい40代以降に起こる老眼の症状が20代や30代で起こる場合を若年性老眼と言います。

「スマホ老眼」知っていますか?
スマホやタブレットなどの画面から生じる有害な光を目の近くで長時間見続けることによって起こり、
早ければ10代でもなってしまう老眼の症状によく似た病気です。

20代が中心ですが、12~13歳くらいから症状が現れだしているので注意が必要です。

「近くで、ピントが合わない!?」と思っていませんか?
他人事ではなく、現在の生活習慣を見直していきましょう!