よくある質問

皆様からいただく「よくある質問」です。ぜひ、参考にしてください。

視力はどこまで回復しますか?

視力が回復する期間や度合には、個人差があり一概にお答えしかねます。視力回復の目安として、ご本人様に視力回復法を体験していただき、綿密なカウンセリングを行いながら、その方に合わせたアドバスをしていきますので、最寄りの店舗で「初回体験&カウンセリング」を受けられることをおすすめします。

親の視力が悪いと子供に遺伝するのでしょうか?

近年の研究で、近視の遺伝率は89%と言われておりますが、何歳からどのように視力低下が始まったのか、また、その遺伝子レベルで判断されます。この場合、医療機関での判断となります。 ただし、今まで眼科健診で異常との判断が出ていない場合は、普段の生活環境・生活習慣などに視力低下の要因が考えられるとも言えますので一概に判断しかねます。

年齢制限はありますか?

視力回復に年齢制限はございません。現在も 6 歳〜84 歳の方まで、視力回復や疲れ目解消などを目的として 通っています。また、今までに回復された方はたくさんいらっしゃいます。

毎日通わないといけないでしょうか?

毎日ではありませんが、定期的に通うことが基本になります。お客様のライフスタイルに合わせて、ご自宅でも簡単にできるケアやアドバイスをいたしております。

メガネやコンタクトをしていると、視力の低下が進むのでしょうか?

メガネやコンタクトレンズの度数は、遠くが見えるように合わせて作るため、近くを見る場合は目に過度の負担をかけていることになります。過度の矯正に慣れてしまうということは、視力低下につながり目に対して悪循環な環境を作り出しています。大切なのは日常のケアです。視力回復の場合には、疲れ目の解消や視力低下の防止だけではなく、視力回復の場合は適切な低矯正レンズを使用します。

レーシックを受け、一時はよく見えていましたが、また視力が下がってしまいました。視力が回復する可能性はあるのでしょうか?

レーシック後に視力低下された方の回復実績もありますのでぜひご相談ください。当店でどこまで回復するかは、レーシック後に進んだ軸性近視の度合いによって個人差が出てしまいますので、初回の体験で詳しく目の状態をチェックし、どの程度まで回復可能かみていきます。

ストレスが原因で視力低下になるのでしょうか?

日常生活や社会的ストレスにから起こる現象の一つと言われている心因性視力障害と診断されている方が、近年増加しております。 ルナージュでは、心のケアも色彩人間学等を通じてリーディングカウンセリングも取り入れておりますのでお気軽にご相談ください。

どのような人が視力回復トレーニングを行っていますか?

ルナージュでは現在、5歳~80歳代前半の方まで、幅広い年齢層の方がこの視力回復トレーニングを行っております。また、眼精疲労や目の疲れをなんとかしたい方、そしてパイロットや競艇の選手を目指している方なども多数ご来店されています。

眼科で「視力は回復しません」と言われたのですが本当ですか?

視力が低下する理由は様々あります。 眼科では回復不能だった方が、当店で回復した例は数多くあります。

眼精疲労は改善することができますでしょうか?

首や肩こり、疲れ目の改善を中心とした内容もございますので、眼精疲労の改善もお任せください。

視力が回復するには、どれくらいかかるのでしょうか?

私達も視力回復センターの専門スタッフとして回復者を出していますが、視力回復の度合や期間については個人差があります。回復目安としては、ご本人様にルナージュ回復法を体験していただき、綿密なカウンセリングを行いながら、その方に合せたアドバイスをしていきます。大変申し訳ございませんが一概にお答えしかねますので、最寄りの店舗で「体験&カウンセリング」を受けられることをおすすめいたします。

どんな目でも、回復しますか?

私達は視力回復センターの専門スタッフとして回復者を出していますが、主に、食生活や住環境などの生活環境やストレス等が要因となり視力低下になっている方を対象に、ルナージュ独自の回復法を行っております。回復者の中には、レーシック等の外科的手術をされた後でも視力低下でお越しいただいている方もいらっしゃいます。ケガや病気等が原因であれば、まずは専門医で診断していただくことをおすすめします。また、視力の回復が可能な場合でも屈折度(近視・遠視・乱視の強さ)により個人差があります。

他にもご不明な点がございましたらお気軽にお問い合せください。